« IS11CA赤を予約 | トップページ | スマイルSuica »

IS11CAお触り

KDDIデザインスタジオでauスマートフォン夏モデルが展示されているとのことなので、早速触りに行った。
IS11CAは全ての色が展示されていた。他のも多分全色と思う。

ーーー 以下の感想はまだ製品版でないのと個人的偏見もあると思いますので参考程度 ーーー

見た感じの所感。
赤・・・純粋な赤メタリック。炎のような赤には見えない。ネット画像にあったオレンジっぽさは全くなし。TYPE-Xの赤に近いか。
黒・・・カメラ部の帯を除きつや消し黒。爪でカリカリやって見たけど、耐久性は問題なさそう。TYPE-Xの黒そのものという感じ。
カーキ・・・ツヤはかなり控えめなメタリック。地味ーな色合いは好みが分かれそう。
どの色もカシオらしく高級感は感じられない。

持った感じ意外と軽く薄く感じた。ネットでみた画像からもっと厚みやずっしり感があるイメージだったが。硬いコロッケのようかな。
横幅はそこそこあるけど丸みを帯びたサイドのせいか問題なし。

画面サイズはこの位が丁度いい。片手で親指で操作できる限界サイズ。両サイドにケース枠があるお陰で"グワシッ"(サバラに近い)としっかり握っても手がタッチパネルにかぶることがなくて良い。
その点XPERIA-Acroは実際触ってみて感じたのは
画面両サイド枠がほとんどない → 普通に握ると親指つけ根の肉がタッチパネルに触れスクロールできない → 親指つけ根側を浅く握る → 何かの弾みで本体落下 となりそう。

画面スクロールは問題なし。ゆっくりスクロールしたとき追従が甘くなる瞬間がある程度でストレスは感じなかった。
XperiaAcroはその点完璧にヌルヌル。

気になったのはカメラのシャッターボタンはなくシャッターは画面をタッチ。
動画は左右にレンズを動かすと映している物体が歪む。使い物にならない感じがした。
あとヨコのクイックメニューを出すボタンは使い方が良くわからなかった。
十字のクイックスタート画面が出てくる時と出ない時があって、引っかかってうまく画面スライドできなかったり・・・

IS11CA以外の機種もさらっと触った。
xperia acroは持った感じarcに似た感触。サイドの銀縁の曲線のせいか、視覚的にケースがアーチしてるような錯覚を覚えた。

テンキーがついたスマートフォンは「でかっ」というのが第一印象。

AQUOSフォンの3Dの方は、ネットでみた時は3Dで撮影して3Dで見れるから面白そうって思ったけど、実際の画面を見て「持ってても多分使わないだろうな」って印象。
3Dに見える視点が厳密で頭の位置がずれると画面がよく見えなくなるし、観光地で昔よく売ってたボールペンの根元にある写真が立体に見えるってやつみたい。

キーボード付きのREGZAフォンはケースの展示で電源は入らなかった。

Infobarは行った時展示されてなかった。あのUI触りたかったけど残念。

個人的にはかなり偏見があるけどIS11CAが一番かな。

|

« IS11CA赤を予約 | トップページ | スマイルSuica »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。