« 夏を乗り切るための | トップページ | 1年ぶりの奥高尾路 »

国境が無くならないわけ

国境が無くならないのは何故か。

情報はインターネットを通じ、多くの地域でボーダーレス化された。
個人参加のほとんどはボランティア的な活動が中心となり、情報発信により各国の状況がオープンになり、結果として遮る物がなくなった。
今回の大震災の後、情報のボーダーレスの状況の中、世界中の人が共感し、あらゆる形で援助を行う形が見られた。
人は皆困っている人を助けたいという気持を持っていて、そのことは国や民族を跨がって存在する。生物全てに横断的に存在するということも言える。

紛争や国境問題の根本的な解決のきっかけはお互いを思いやり助け合うという基本に戻る事にあるのかもしれない。
すでに様々な問題は一国では解決できず、お隣さんと協力し合わなければ先に進まないという時代に来ていると思う。

今日は結構酔っ払ったな。

|

« 夏を乗り切るための | トップページ | 1年ぶりの奥高尾路 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。