« IS04モックおさわり | トップページ | 2011年正月 »

ノルウェイの森一気読み

「ノルウェイの森」の下巻を一気に読んだ。
途中エグい表現が多く気分が悪くなった所もあったけど、最後まで読んだらいい余韻が残ったので良い作品かな。村上春樹の作品を初めて読んだけど、表現が分かり易くすんなり読めた。
80年代の作品で、当時携帯電話が普及してなく、離れた相手に固定電話と手紙で気持ちを伝える所が懐かしくも新鮮だった。

本って不思議だな。と思ったのは昔の小説でも古さを感じない所。
読み手の頭の中で映像を膨らませているから新しいとか古いという概念がないのかな?
「読書」っていう世界も悪くないな。

映画を丁度やってるから観に行きたいけど、この手の映画は周りが気になって一人では行きづらいな。

|

« IS04モックおさわり | トップページ | 2011年正月 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。