« まだまだ先で | トップページ | みちびきに期待 »

初めてのオートキャンプ

会社の人たちと初めてのオートキャンプに行きました。
場所は「宝台樹やすらぎの森キャンプ場」。

水上ICを降りて途中のスーパー「サンモール」で食材と酒類を調達。

キャンプ場の管理棟でチェックイン。
巨大な番号プレートを渡される。サイトの立て札に引っ掛けるためのもの。

オーとサイトB(AC電源なしのオートサイト)は1区画ずつ分けられています。
サイトの砂利のところに車を停め、タープとテントの設営。

Sn3l0121
取説を見ながら試行錯誤を繰り返しつつ何とか設営できました。

LOGOSのタープに付属のハンマーは今回のキャンプで一番重宝しました。
ペグ打ち、ペグ抜き、飯盒の熱いとってを引っ掛けて持ち上げる道具、ビンの栓抜き。

夕飯はカレー。
作る段階になり重大なことに気がついた。
「カレーのルーがない。」
ビール飲んじゃって車乗れないしどうしよう。

とりあえず管理棟の売店に。
「あったぁ」
これほどカレーのルーのありがたみを感じたことはなかったなぁ。

カレー作りは他の人に任せ、飯盒炊爨3合炊きに挑戦。

Sn3l0130
全員の共同作業によって完成したカレーライス。
ご飯の水が少なくて若干硬くなったのが少々痛いけど、格別にうまかったぁ。
こういう失敗をしないと感覚が身に付かないからな

夜は酒を飲みながらつまみを料理して天体観測。
曇りぎみだったけど、晴れた時間帯があって感動!
天の川や、どれが星座かよく判らないほど星が一杯ありすぎ。
持っていった星座早見盤と比べながら、夏の大三角形と白鳥座を覚えました。
こんなに星が近いとは。

大昔は当たり前のように見えていた無数の星は便利さの代償として失われたものの一つなんだろな。
とても贅沢で貴重に感じました。

あと感じたことは、同じ静かさでも都会とは質が違うようです。
周囲を山に囲まれた景色のせいなのか、耳で聞こえない成分の音があるのかわからないけどとても心地よくリラックスできました。

もしかしたら、こういう自然を肌で体験した子供たちは今よく起きてる殺人事件などを起こさないんじゃないだろうかという気にさせられました。

気の合う人たちを誘ってまたオートキャンプに行きたくなりました。
テントとか買ってよかったぁ。


|

« まだまだ先で | トップページ | みちびきに期待 »

旅行・地域」カテゴリの記事