« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

MINT良さそう

折りたたみ自転車を色々見て回った。
新宿のy'sroadでBromptonを見たけど、買う気にならなかった。
やっぱ高いな。
DAHONのmu unoはそこそこ安くて軽そうなので良いけど、泥よけはあった方がいいな。

雑誌とかネットでいろいろ物色しているうちに、SMARTCOGというメーカーのbipod MINTという折りたたみ自転車にたどり着いた。
良さそうな点は
折り畳みが簡単。
サイズがBROMPTON並みに小さい。550×650×28mm でもタイヤは14インチと小さい。
軽い9.9kg。横幅と奥行きがBromptonより小さいから電車のなかでも気を使わなくて済む。
ちゃんと走る(らしい)。ちょっとした段差も問題なく乗り越えられそう。
中型のロッカーに入る。持ち運びに疲れたときに助かりそう。
折り畳んでも転がせる。輪行袋をかぶせた状態で転がせるから電車に乗せ
6万円台と安い。感覚が麻痺している可能性あり。

でもなぁ。写真で見る限り無骨な工業製品っぽいんだよなぁ。

|

秋か

朝会社に出掛けるとき何となく太陽が低く、涼しい気がする。
会社帰り、日が暮れるのが早くなったと思った。

いつの間にか、夜コオロギの鳴き声がよく聞こえるようになってきた。

まだ昼間は暑いけど着実に秋に染まりつつあるのを感じる。

来週末は宝台樹キャンプ場へ初キャンプ。
標高が高いから避暑にはなりそうだけど、夜は寒いんだろうか。
満点の星空が見えるといいけど。

どうなることやら。

| | コメント (0)

折り畳み自転車欲しい

なぜか急に気になり始めたフォールディングバイク(折り畳み自転車)。
きっかけは通勤での自転車。
朝晴れていて自転車通勤をしても夕方雨の場合、会社に自転車を置いて帰るため次の朝天気が良くても電車通勤になってしまう。
もし小さく折り畳める自転車があれば電車で持ち帰れて便利だし。
何かの買い物で電車や車で移動し、下車後徒歩よりも自転車で移動できたらそうとう行動範囲が広がると思う。
青春18きっぷの旅ではどうしても駅周辺に行動範囲が絞られていたけど、自転車を持ち運べたら最強じゃないだろうかと。

一番コンパクトにできて理想に近いのはのはBROMPTONのM3L。
折り畳みサイズが60×58×30cmでコンパクト。
でも値段が15万円位するので手が出ないな。

DAHONのMu Unoは値段も7万円台だし10kgを切る軽さだし、気になるなぁ。
折り畳みサイズは78×66×26cmと少し大きめになる。

これからは電車と軽量コンパクトなフォールディングバイクでの移動が流行る気がするな。

| | コメント (0)

青春18きっぷの旅帰還

豊橋から始発電車で帰路につく。東京まで5時間。午前中に帰れそう。
あまり遅くなると東海道線はゲロ混みになるので。

今回は休みが少ないのと台風で出発が1日遅れてあまり回れなかったな。
山陽山陰地方に行きたかったけど次回考えよう。

長時間座っていてもケツが痛くならない座り方を見つけた。
太ももの裏全体で座ると体重が分散して痛くならない。
背もたれに腰を付けずに反らせていると腰が痛くならない。

|

青春18きっぷの旅2日目

旅の2日目。
富山駅から始発電車で高岡まで行き、氷見線に乗った。
以前青春18きっぷのポスターにのっていた場所で気になっていた所。

Sn3l0079

実際車窓からの景色からは、特に見所となりそうなものはなし。
電車を撮影するにはいいかもしれないけど...
別に鉄道ファンじゃないので降りずにスルー。

地元のおばさんや生徒が乗ってきた。地元の普段の生活に紛れ込む。

Sn3l0076

氷見駅周辺も普通な感じ。乗ってきた電車にのり高岡まで引き返す。

京都に行くことにした。
修学旅行で行かなかった清水寺と金閣寺を見たくなった。

途中福井駅での乗り換えで少し時間があったので散策。

Sn3l0087
福井県庁をみて唖然。
城跡の上に豪快に建てられてる。観光資源ぶちこわし。
福井県民は良く了承したもんだ。まぁ、大した城じゃなかったんだろうな。

この旅で気づいたのは、寂れてる町に共通してるのは、
地元特有のものがない、若しくは地元の人以外知らないということ。

しかし、IS01はブラウザが突然終了したり、タッチパネルの精度や応答が悪かったりだめなところが色々見えてきた。そのうちまとめようと思う。

京都に到着。遅い昼食にラーメンを検索。

Sn3l0094_2
「第一旭」というお店に入った。

Sn3l0094_0001

特製ラーメンを注文。ちょっと色は濃いめのあっさり醤油味。
しかし、醤油ラーメンあまり好きでないせいか、生涯未だにうまいと思った店がない。
ここも普通。ネットでは皆うまいと書いてるが、それほどでもなかった。

駅前の案内所の様な所で市営バス1日乗車券500円を購入。
普通に乗ると一律220円なので3回以上乗る場合にお得。

100番のバスで「五条坂」バス停で下車。

Sn3l0098
茶碗坂の方を汗だくになりながら清水寺まで結構上った。夏はもう来たくないと思った。

Sn3l0100
境内は無料だけど、有名な清水の舞台だけは有料300円

Sn3l0108

定番のアングルから激写。
見た感じ古びてるけど見てまぁまぁ良かったかな。
カエデの葉っぱに覆われていて下の方は良く見えず。紅葉はきっと凄いんだろう。

Sn3l0116
下から土台の木組みを見上げたところを激写。
結構迫力がある。

時間が遅かったので(4時すぎ)金閣寺は諦めた。
ていうかバスの運行が終わるの早すぎ。
夏は日が長いんだから6時位まで走って欲しい。

あと、バスの路線が複雑すぎて訳が分からない。東京の地下鉄みたい。
バス停の場所も案内がなく分からない。皆良く利用出来るもんだと感心。

京都に着いたのが4時半だったので、そのまま豊橋まで移動して2日目終了。

|

旅の行き先変更

山陽山陰地方は行程に無理があるので、急遽予定変更。
予定変更でも情報の補完はIS01で賄えた。
携帯に丁度良いし、通信が途絶えることがあまりないので助かった。
とにかく今日は使い倒した。

行き先は以前から行こうと思ってた山本勘助の墓。
松本から先の篠ノ井駅でしなの鉄道に乗り換え、さらに屋代駅で長野電鉄い乗り換えて金井山駅下車。
下車したいところだったが、時間が悪くバス運行。

Sn3l0027_0001

バスで降りた金井山は国道の何もない路肩のため、墓までの案内がなく少し戸惑ったが(運転手が「こんなところで降りるんですか?」という一言がさらに拍車をかけた)、
IS01で地図を確認したのでいがいとあっさり到着。

Sn3l0044
山本勘助の墓

Sn3l0042
「勘助のくるみ」なるものがが300円で無人販売されていたので購入。
ゆかりがあるのかは怪しいところだけど、単にくるみが好きなため。

その後、川中島古戦場跡に向かって歩いたけど辿り着けず。

ブログをアップしようとしたら丁度圏外でなぜか書いた内容が消滅 (ToT)。

初日は富山で宿泊。

|

やっぱり青春18きっぷの旅決行

一時は今年の青春18きっぷの旅を見送ろうと思ったけど、旅に出ないと夏が終われない気がしてきたので明日から強行スケジュールで行く事にした。
初日はほぼ去年と同じルートと時刻で行こうと思う。
とりあえず岩国の錦帯橋と呉の大和ミュージアムは見たい。
他は気の向くまま。
そこは毎年恒例なのだ。

|

小物類購入

着々とキャンプ用品が充実。
安くて良さそうな物を少しずつ物色するのが楽しい。
昨日はスーパーバリューで筒型の飯盒を購入。1500円位だったかな。4合炊けるから十分。
兵式にしなかったのはシングルストーブで炊くことを想定。
Jマートでキャプテンスタッグの鉄ペグ128円を6本。
アウトドアワールドでランタンフックを購入1103円
ランタンの予備マントル3つで840円

一つ一つはたいした金額じゃないけど合計するとどんどん費用が嵩むなぁ。

あとは、
小物を入れる入れ物。
水タンク(とりあえずペットボトルで代用か)
チャッカマン、ガムテープ、洗濯ばさみ、ロープ、ハンマー、カセットガス、
炊事、食事系はどうしようかな。

アウトドアワールドで見た焚き火台とトライポッド(三脚)とダッチオーブンいいなぁ。
でもあっても使わないな。必要になったら考えよう。

|

青春18きっぷの旅は中止

キャンプ用品に金を使ったから、今年の青春18きっぷの旅は無しだな。
山陽・山陰地方を巡ろうかと思ったけど、集中豪雨が結構やばそうだし・・・

キャンプ用品はテント関連以外でスーパーバリューで売ってた698円の折り畳みイスと、1980円の折り畳み机を購入。作りはそこそこしっかりしてるけど、どうやったらこの値段でできるんだろう?

タープとガスランタンはamazonで安いのがあったからポチっと購入。
火曜の夜発注したら2日で届いた。早っ。
タープはLOGOSのヘキサタープ 4443FR-I 6378円
オレンジの生地にカエデの葉のマークがプリントされてるのがいい。張るのが楽しみ。
ガスランタンはSOTOのST-213 4700円

いずれダッチオーブンと焚き火台は欲しい。
ダッチオーブンがあればいろいろと調理できるみたい。

あったらいいものとしては
折り畳めるベッド(コット)
双眼鏡(天体観測用)

うーん。欲しいものが尽きない。

|

ちょっとショック

.今日はちょっと衝撃的な話を聞いちゃったな。
でも、思ったけど、日頃からひとそれぞれできるだけ幸せに生きられるよう
おもてなしの心を忘れないようにしたいと思った。

|

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »