« Ubuntuを入れてみた | トップページ | 高機能ポメラが出るようで »

赤面ギャグを思い出した

会社に入社して初めての工場見学である会社に行ったときの話です。

会社の外に川を横切る形で2万ボルトの高圧電線が走ってるのを見て、他部署の課長が、

「2万ボルトか。あの電線には美女が2人入ってるんだな」

「・・・・・・・・・」
たまたま居合わせた自分と同期の1人は「君の瞳は1万ボルト」という歌を連想してしまったため、
また、新入社員で何も分からない身分で失礼なことを言ってはいけないという先入観からか、2人ともフリーズ。。。

しばらく黒目がないような状態が続いていた苦い思い出が何故か蘇ってきました。

赤面ギャグをあえて追い求める旅に出ようかと思います。

2万ボルトのギャグ以上の赤面ネタを入手したら随時公開したいと思います。

|

« Ubuntuを入れてみた | トップページ | 高機能ポメラが出るようで »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 赤面ギャグを思い出した:

« Ubuntuを入れてみた | トップページ | 高機能ポメラが出るようで »