« ど根性ちゃん | トップページ | Aspire OneのUbuntu化 »

システム手帳を導入

東急ハンズにてシステム手帳を買いました。

 目的は情報の集中と整理。いろいろな情報をストックして取り出しやすくまとめることを考えています。

 やはりアイデアを書き留めたり、整理したりってことはアナログな道具に行き着くのかな。

 サイズがいろいろあるけど、最も種類が豊富で扱いやすそうなバイブル(聖書)サイズのものに決めました。
バインダーのリング直径は手にしっくり来る15mmのものにしました。

Ssc_0256

レイメイ藤井 HWB78K
5040円
落ち着きのある色が気に入りました

Ssc_0254
リフィルですぐに使うものもいくつか購入

・2010月間 521-101
 。カレンダー表示タイプの月間予定表。1日分のマス目自体細かい方眼になっているので書き込みやすそう。

・5mm方眼紙
 文字以外に図やグラフなどを書くため。
大学ノートのような罫線より方眼の方が都合が良い。これで全て事足りる。

・クリアポケット
ちょっとした資料の保存用。写真や広告・記事の切抜きなどをストックする。

Ssc_0260
こんな便利なものも売ってたのですかさず購入。
5mmの薄さながら、これで6穴のパンチ穴を開けられる。
しかも、バインダーに綴じられる穴が開いている。

Ssc_0261

穴を開けるときはガイドに沿って紙をあわせ、左の板を「パチン」と綴じれば6穴が開く。

出先で資料を綴じるのには便利

バインダーに綴じられる電卓も欲しかったけど、分厚くなるので却下。

発売して欲しいもの
バインダーに綴じられるキーボードはないものだろうか?
そうすればviliv S5や携帯電話などとうまく連携できるのだが・・・

|

« ど根性ちゃん | トップページ | Aspire OneのUbuntu化 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: システム手帳を導入:

« ど根性ちゃん | トップページ | Aspire OneのUbuntu化 »