« 退屈な1日 | トップページ | 勉強と継続 »

日本史の本

 日本の歴史について断片的にしか知らないので、本を購入。
理由は、自分の教養の無さに気づいたことかな。

Ssc_0201

「総図解 よくわかる日本史」
1400円+税
義務教育の時にもっと理解しておけば良かったと後悔。



日本史の概略が網羅されてる本は何冊かあったけど、さっと読んで一番解り易かったので購入。
日本史って読み方が難しい漢字が多いけど、送り仮名がふってあるので安心。

きな臭い神話時代から日中国交回復まで網羅。

まだ少ししか読んでないけど、なるほどなって思ったのは
日本は世界の雛形で、本州はユーラシア大陸、九州はアフリカ、四国はオーストラリア、北海道が北米、台湾は南米に相当するフラクタル構造になってるというもの。
配置的には南米は樺太じゃね?・・・
たしかに四国とオーストラリアは似てるなぁと思ってました。

南極大陸がないんだけど、沖縄あたりにあった説もあるムー大陸か?

それ以外の神話アマテラスとか白兎のところはアホらしいので読み飛ばし。

これから読み進めるうち、頭の中で空白になっている部分を埋めていくのが楽しみだな。

|

« 退屈な1日 | トップページ | 勉強と継続 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本史の本:

« 退屈な1日 | トップページ | 勉強と継続 »