« 日本対ベルギー戦 | トップページ | 合コンと姪っ子再会 »

ネットブックの今後

 Webをいろいろ見てるとどうやらネットブックを発売しているASUS,Dell,HPなどはOSにAndroidを搭載したネットブックを開発しているようですね。

 今夏から年末にかけて出てきそうなので楽しみです。250ドルとか書いてあるサイトもあるけど、この位の価格帯だと爆発的に普及するんじゃないかな。

携帯のように1人1台ネットブックが普及したり。

 GoogleのAndroidは無償のOSなのでWindowsのようなライセンス料が無い分安くなるんだろうな。

 Web閲覧中心ではAndroidのような軽い?OSの方が相性がいいのかもしれません。CPUもARMマイコンで事足りたりして。さらに低価格、長時間駆動。

 画面を見るとマックOSのようなとっつきやすそうな感じを受けます。Googleというブランドも影響しているのでしょうか?

この「とっつきやすそう」というイメージはすごく大切だと思います。

自分の頭の中に

「Windows7? Vista改だろ?」

っていうイメージが残ってしまってるので、この際Android面白そうだから乗り換えるかも。

 どの道、自分がネットブックでやることは

Webで情報収集とWebメール、PDF閲覧、文章作成位だから、Windows必要ないんだよな。そういえば、Windowsのソフト最近全然買ってないや。

データのやり取りだけ会社のパソコンとできればいい。

 今後、インターネットで出来ることの割合(依存度)がさらに増えるんじゃないかと思います。そうなるとOS選択の重要性は低くなると考えられます。

→「Windowsにしかソフトが対応してないから消去法でWindows」て意味。

 Androidネットブックの売れ行きで今後の流れが変わるか注目しようと思います。

|

« 日本対ベルギー戦 | トップページ | 合コンと姪っ子再会 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ネットブックの今後:

« 日本対ベルギー戦 | トップページ | 合コンと姪っ子再会 »