« もしもの時の対処法 | トップページ | プレステ3を買った »

圧倒的だけど

今日のWBC日本対韓国戦は終わってみれば2回で勝負決まった感じでした。

大人気ない感じの試合展開は一時期の巨人を見ている様でした。こういう試合の次は全然点が取れなかったんですよね。

でも、何点取っても安心できないのは、韓国の粘りを知っているからなのでしょうか?

途中から韓国は今日の試合を捨て、投手を温存していたようにも見えましたが・・・

明日と明後日の二連戦を当然見越していたと思います。

村田と城島にホームランが出たり面白かったけど、試合がなかなか進まないので見てて疲れたな。

7回コールドになってなかったら途中でチャンネル変えていたでしょう。

明日のスポーツ新聞の見出しとしては、

「日本歴史的圧勝」

ってところでしょうか。

細かいところで、

終盤で村田がキャッチャーフライを打ったとき、何気なくキャッチャーの進行方向にバットを捨てたのが気になりました。「こけろ」って感じで

原監督が試合が進むにつれひじを後ろについて段々のけぞっていくのが気になりました。

ベンチの中に篠塚がいたのが少し嬉しかったです。全然老けてない。

|

« もしもの時の対処法 | トップページ | プレステ3を買った »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 圧倒的だけど:

« もしもの時の対処法 | トップページ | プレステ3を買った »