« 同窓会の夢 | トップページ | 600円で国宝に遭遇 »

怪人二十面相を読みました

江戸川乱歩の怪人二十面相の本を読み終えました。
小学生の頃江戸川乱歩の少年探偵シリーズを図書館で借りて良く読んでいましたが、怪人二十面相は初めて読みました。
今更ながら面白かったです。さすがにこの歳で読むと先の展開が読めてしまうのでハラハラしませんが、小学生でも読めるように丁寧に表現されているところに好感が持てました。
さすがに、陸軍の射撃場が出てくる所とか少年たちが「明智先生、ばんざーい」と言うところに歴史を感じました。
明智小五郎の助手の井上少年は12才にも関わらず小学校に通ってないようですがこの頃は義務教育はなかったのでしょうか?
よく短い小説の中にあれだけの人物像や物語を詰め込めたと思うと江戸川乱歩を尊敬します。

|

« 同窓会の夢 | トップページ | 600円で国宝に遭遇 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 怪人二十面相を読みました:

« 同窓会の夢 | トップページ | 600円で国宝に遭遇 »