ウクレレを買った

MartinのウクレレC1K UKEを購入
Img_0373


コンサートサイズ
木は単板のコア材
ケースも付属。
クリップ式のオーディオチューナーも併せて購入。
 
長く使いたいので少し奮発していいものを買った。
いくつか安い中国製のものなど引き比べたが
素人でも判る位違う。
 
音は張りがあり、伸びがある感じで非常にいい。
作りもしっかりしており気に入った。
 
音量も下手に強くはじくと近所迷惑になるかと心配
してしまうほど大きな音が出る。

新たな趣味としてこれから大事に練習していこうと思う。

| | コメント (0)

いまさらiPhone5sを購入

Xperia VLを使っていたが、丁度2年経ったのと、
画面がジュワッと消えて再起動したり、
フリーズして動かなくなったりと、携帯電話として耐えられなくなって来たので
iPhone5sに機種変更。

発売前はiPhone6も考えていたが、触ってみたらiPhone5sの方が
良くまとまっているし、トータルで安いので5sに。

やっぱ片手でやりやすくないと。

Dsc_0062
ゴールドの16GB

Dsc_0063
ライトユーザーなので多分16GBで事足りると思う。

使って間もないが、すぐに操作になれた。

当たり前だが、バグっぽい動きが一切無くスムーズ。
今までXPERIAで散々苦労していたのがバカみたい。
早く変えていれば良かった。
自由度が少ないとの理由からAndroidを選んでいたが、
そんなに自由度が必要とするほど使いこなしてなかったし。

電池の減りも少ないなぁ。

XPERIAでは何もしなくても1日で半分位電池が減っていたが、
今のところ1日持ち歩いても75%位は残ってる。

本当に良くできている。

| | コメント (0)

iphone6お触りしたけど

今使っているXPERIA VLがもうじき二年なのと、ブラウザやOSがフリーズしたりが多くなって来たので
iPhoneに機種変更しようかと。前のinfobarも使っているうちにおかしくなったしAndroidはもううんざり。
iPhone6いじりで量販店に行ってみた。

iPhone6 Plus
片手での操作は無理と感じた。
じっくり両手でが基本かな。
ホームボタンのダブルタップで画面が半分下がって来るが、
横幅があり握った状態で親指を反対端に持って行くのが厳しい。
サイドが丸みを帯びているのが災いしてすべり落としそう。
ケースに入れたら片手で持つのがやっとになりそう。

iPhone6
片手で何とか操作出来そう。
握った状態で親指が反対端に十分届くし。
一番上の列はホームボタンをダブルタップで画面を下げて何とか。
ただ、都度1アクション増えるから少し慣れがいるかな。

iPhone5sも隣にあったので操作
手に握って親指が画面全体に届くし、手で包み込める絶妙なサイズ。
ケースが適度に角ばっているお陰で手から滑り落ちにくそうな安心感がある。
皮肉にもiPhone6と比較して5sのパッケージの完成度の高さを実感した。
やはり携帯機器は体に馴染むかが大事。

5sでも素人使いではそんなに性能変わらなそうだし、
価格は6よりも5sの方が1万7千円程安いみたいだし(あくまで一括購入)。

5sが欲しくなって来てしまった。セールないかなぁ。

個人的な結論
iPhone6 Plusはスマホ(電話)とタブレットをまとめて1台で持ち歩きたいと思う人にいいかも
iPhone6は5sの画面の小ささに不満があるとか最新機能を持ちたいと思う人には。

| | コメント (0)

久々に惹かれるタブレットノート

ASUSから発表された「VivoTab Note 8」

ワコム製デジタイザを搭載し、付属のスタイラスペン入力が可能なWindows8.1タブレット

1000段階の筆圧検知。あとは手書きの追従速度が気になる所。

youtubeの動画を見るかぎり、ペン入力でかなり細かい所のクリック操作には重宝しそう。

何より期待なのはOfficeにOneNote なるソフトが付いてくる事。
http://office.microsoft.com/ja-jp/onenote/

スタイラスペンでの手書き入力で便利なノートとして使えるのではと期待している。
手書き文字認識も出来るようだが、どうだろう?

このOneNote。無料のテンプレートだけでも結構な種類がある。
http://office.microsoft.com/ja-JP/templates/results.aspx?qu=onenote&av=zsc

ピアノの楽譜とか、リサーチノートブックとかに惹かれる。
使わないテンプレートも多そうだけど。

発売は第1四半期後半から第2四半期前半ということなので
3月か4月頃かな。

値段も3万円台と手頃だし、日本で発売されたらとりあえず触って買うな。
いろんな情報をまとめるノートとして持ち歩きたい。

それにしても急に8インチのWindows8.1タブレットが出始めたなぁ。
かつてのネットブックのような流行になるのだろうか。

| | コメント (0)

久々に書いてみた

すっかりブログをサボっていた。

特に書くこともなかったけど。

次の3連休なにしようかな?

raspberry pie(ラズベリーパイ)という小さなPCというかマイコンボード
の様なものを買ったから、これでPython(パイソン)という
プログラム言語を試してみるかな?

プログラムが解りやすく汎用性のある言語みたいだから
ちょっとしたプログラムを作るのにはいいかも。

久々に書いたら何だかマニアックな内容になってしまった。。

| | コメント (0)

青春18きっぷの旅北海道5日目(7/29)

今日はひたすら帰路を目指すのみ。

6:00青森 →奥羽本線→ 弘前6:46

ドトールにてモーニングAセット380円

7:52弘前 →奥羽本線→ 大館8:35
8:38大館 →奥羽本線→ 盛岡11:25
11:33盛岡 →東北本線→ 一ノ関13:20
13:54一ノ関 →東北本線→ 仙台15:37

どこかの駅前でラーメンを昼食。結構美味かったけど、場所忘れた。一ノ関あたりだったかな。
Dsc_0525

16:02仙台 →仙台ラビットシティ6号→ 福島17:16

ここで体力の限界。去年も使ったおとなの新幹線利用。

17:27 福島 →やまびこ150号 → 大宮18:38
その後近郊の電車を乗り継いで帰宅。

5日目はグダグダになってしまった。

旅を振り返って

道内はずっと曇りか雨だったせいもあり、食の旅になってしまったな。
それはそれで良かったけど。

やはり海峡をくぐって函館から札幌へ出るルートが鬼門。
八戸から苫小牧にフェリーで渡ったほうが道内を回り易いのではと思った。

レンタカーと一人用のテントで回るのもいいかも。

来年行けたら思い浮かべているイメージ
東京から八戸まで夜行バス。
八戸-苫小牧間はフェリー。
道内はレンタカー。
宿泊は一人用テントでキャンプ場。

それかまた原点に戻り、青春18きっぷで東北を回ろっかな?

| | コメント (0)

青春18きっぷの旅北海道4日目(7/28)

6:12札幌 →函館本線→ 小樽7:00

皆何故か小樽駅の手前の南小樽駅で降りていく。北一硝子はまだやってないよ。

小樽駅前出てすぐ左にある三角市場で朝食
Dsc_0507

味処たけだの大盛いくら丼を注文1200円
Dsc_0511
こうでなくっちゃ。いくらがプリプリしていてうまかったぁ。

三角市場前で石川啄木の石碑を発見
Dsc_0513
色々とゆかりのある場所が多いんだなぁ

8:07小樽 →函館本線→ 長万部11:13

長万部から禁断の特急を利用しようと思ったら大雨で運休。
路線バスが早いとのことなので、利用。
11:30長万部 →函館バス→ 函館14:41

路線バス3時間はちょいきつかった。

函館市電(路面電車)で谷地頭温泉へ
Dsc_0516

建物はこんな。市営の文字が消えてる。
Dsc_0517

あまり時間が無かったけど、茶褐色のお湯ですぐ体から汗が出てきた。

路面電車は最初乗車のルールがわからなかったが、
バスと同じで安心した。
整理券を取って降りるとき番号の表示料金を払う

函館で駅弁「鰊みがき弁当」を購入840円
Dsc_0519

16:21函館 →津軽海峡線→ 木古内17:38

車内で実食

大きな数の子2本とニシンの蒲焼
nifty.com/.shared/image.html?/photos/uncategorized/2013/08/20/dsc_0522.jpg" class="mb">Dsc_0522

まぁまぁうまかった。

17:44木古内 →特急スーパー白鳥42号(特例区間)→ 蟹田8:31

蟹田駅で去年通りがかって気になっていた昔ながらのお店を思い出した。

焼きそばとか焼き鳥を売っていたので、おまかせで3本買った。

かしら、皮、正肉で合計210円
Dsc_0523

全て塩コショウだが、しょっぱすぎ。

もう食べたくない。

18:56 蟹田 →津軽線→ 青森19:43

最終宿泊は東横イン青森駅正面口。
さすがに青森では速攻で予約できた。

| | コメント (0)

青春18きっぷの旅北海道3日目(7/27)

和商市場で勝手丼を体験。

まずはご飯を購入
ごはん中180円
Dsc_0453

他のお客さんは白くて丸い器だったから、ご飯は何箇所かで売っているみたい。

載せる具はうろうろしていると声を掛けられる。

自分の食べたい具を色々載せたらこんな感じ。
Dsc_0455

結局1つのお店で
たらとほっけで合わせて150円
しめさば100円
ホタテ150円×2
ぶどうえび400円
うにと塩うにで合わせて500円
中トロ350円

合わせて1800円になってしまった。

うに、中トロのような高いものを選ぶより、安い刺身を多くの種類買ったほうが
安上がりになりそう。

でも全部新鮮でうまかったぁ。

その後、家にカニを買って送る。
花咲ガニの大きくてとげが黒いやつ(小さいのはとげも赤い)2300円のところ1800円に
タラバ足冷凍1kg 1000円
送料込みで4200円

丁度今日は和商の日で安くなっているんだとか。ラッキー!

その後釧路市内散策

石川啄木が一時期勤めていた旧釧路新聞社の建物のレプリカ
Dsc_0470_01
まだ開いていなかった。

まぁそんなに興味ないんで。

ノロッコ号に乗車
Dsc_0478_01


釧路10:56 →くしろ湿原ノロッコ号→ 塘路(とうろ)11:40
1号車・・・普通の客車
2~4号車・・・観光目的の木の椅子で外がよく見えるようになっている
1,2号車は自由席。3,4号車は指定席。

釧路湿原の風景。川をカヌーで下っている人が手を振っていた。
Dsc_0493_01

このまま網走の方へ行くと帰りが大変になる予感がしたので塘路から引き返すことに。

塘路12:07 →釧路本線→ 釧路12:54


釧路湿原の風景2(復路)
Dsc_0499_01


復路では普通の客車の1号車に乗車。
ノロッコ号は1号車の普通の客車が一番良かった。
シートはふかふかだし(2号車以降の木の椅子はお尻が痛くなるので乗り心地はいまいち)
車内アナウンスが良く聞こえる。2号車以降は皆窓を全開にしているので良く聞こえない。

2号車の自由席は比較的空いていたが、3,4号車の指定席は満員。

釧路湿原は少ししか見えないので、ここのノロッコ号は乗る価値は??
2人席の方は湿原と反対方向になるので??

釧路に戻って昼食。駅弁「サーモン三色寿司」1260円を購入
Dsc_0496_01

中はサーモン寿司の他、うに、いくら、カニとうれしい具が盛りだくさん
Dsc_0497_01

サーモンの肉厚にびっくり!!
Dsc_0498_01
食べ応え十分すぎ。また食べたい駅弁に出会えた。

再び帯広に戻ってきた。
ネットで高評価の豚丼「ぱんちょう」で夕飯
Dsc_0501

豚丼の梅1050円。フタから豚肉がはみ出してる。
Dsc_0502

開封の儀。こんな感じ
Dsc_0503_01

味はうまいけど、個人的にはぶたはげの方が濃厚で好きだな。

帯広ではビジネスホテルがどこも一杯だったので、札幌まで高速バスで行くことに。
帰路が厳しくなってきたのでやむなく利用。

釧路でノロッコ号で無駄な時間を費やした。
本当に無駄だった。ノロッコ。

帯広18:15 →バス→ 22:00札幌

バスは3列シートで快適
Dsc_0505

休みなしにぺちゃくちゃしゃべり続ける女2人組を除いては。

札幌に到着し、ビジネスホテルのキャンセルを電話で探す。

どこも空いていない。丁度大雨で特急が運休になっているのと、夏祭りがあった模様。
 

最終手段。まんが喫茶にて夜を明かすことに。

寝付けなかった。最悪の夜。

| | コメント (0)

青春18きっぷの旅北海道2日目(7/26)

苫小牧6:10発 →室蘭本線→ 追分6:46

追分駅。周りは案の定目立ったものは特に無い。
Dsc_0429

追分7:08 →石勝線→ 新夕張7:41

新夕張駅。鉄で出来てるみたい。
Dsc_0433

駅前にあるメロン型の植木。
少し面白いので激写
Dsc_0437

乗り換えの時間が1時間くらいあったので少し散策。
朝早いのでお土産屋さんなどは閉まっていた。

のどかな駅風景
Dsc_0439


新夕張8:58 →石勝線特急スーパーとかち1号(特例区間) →新得10:05

新得駅で乗り換え待ち。周りは特に何も。
Dsc_0440

新得10:48 →根室本線→ 帯広11:28

帯広駅改札出て目の前にある豚丼の「ぶたはげ」で昼食
悪口みたいな店の名前。

特盛豚丼6枚 1,160円

Dsc_0441
肉が柔らかくて濃厚な蒲焼たれの味。うまかったぁ。

帯広駅
Dsc_0443

気温は22度。この日も肌寒かったけど、段々慣れてきた。
Dsc_0442
ちなみに上着はTシャツ1枚

帯広12:44 →根室本線→ 釧路16:03

釧路駅
Dsc_0450

夕方早く着いたので、和商市場を下見
Dsc_0446
全体がローソンかと思った。


ビジネスホテル近くの「釧路食堂」で夕食&飲み。

店員に「お通しは頼まれますか?」と聞かれたのではい。と。

出てきたのが毛ガニ半身 380円
Dsc_0451
いきなりびっくり。

釧路さんま刺380円
特大ほっけ半身480円
釧路さんま竜田揚げ380円

この辺でおなか一杯。

隣のカップルが頼んでいたいくらをどんぶりにぶっ掛けるやつ。
食べておけばよかったかも。

スーパーホテルで宿泊5480円

| | コメント (0)

青春18きっぷの旅北海道1日目(7/25)

弘前からようやく青春18きっぷの旅がスタート

弘前駅前
Dsc_0394

弘前駅5:26発 → 青森6:11着

青森6:18 →津軽線→ 蟹田6:55
蟹田8:51 →津軽海峡線(特急特例)→ 木古内9:46

時刻表を良く見ていなかったので、海峡越えの辺りで苦戦。

木古内駅
Dsc_0400

まわりは何も無い。

北海道新幹線が着々と工事が進んでるようで木古内の駅が少し出来つつある。
Dsc_0403

海峡のトンネル前後は在来線と共用するみたいな線路の作りをしていた。

時刻表を見るとこのまま各駅を乗り継ぐと函館からあまり進めないことがわかり、
禁じ手の特急利用で挽回。

木古内10:56発 →スーパー白鳥95号 → 函館11:38着

函館に着いたのは昼前になってしまった。
Dsc_0404

函館で昼食

去年はうに丼を食べたので今年はいくら丼
あけぼの食堂 自家製いくら丼 1,260円
Dsc_0406

つぎに函館ラーメンを食べに
龍凰(りゅうおう) 黄金(こがね)塩ラーメン700円

Dsc_0408

どちらもうまかったぁ。

ラーメン屋のおばちゃん情報で、GRAYのライブが土日にある情報を入手。
おそらく宿がいっぱいになるに違いない。

少し時間があったので、函館観光

有名な金森赤レンガ倉庫
Dsc_0415
中は洋物雑貨とかのショッピングモールになっていた。

函館から札幌方面へ移動
車内でスマホを駆使して宿を探す。札幌駅周辺はどこも満室!
すぐに取れると思ったのになぁ。

取れそうも無いので苫小牧に変更。すぐ予約できた。

函館14:26発 →函館本線→ 長万部17:28着

車窓風景。海沿いを走るがあいにくの天気で寒い
Dsc_0418

長万部17:37発 →室蘭本線→ 東室蘭19:12着

東室蘭19:38発 →室蘭本線→ 苫小牧20:41着

車内で夕食
函館駅で買っておいた「うにいくら弁当」1260円
Dsc_0423

中はたっぷりのうにいくら。わおー。
Dsc_0424

腹も減っていたこともあり、よく味わいながら完食。

東横イン苫小牧駅前に宿泊

| | コメント (0)

«青春18きっぷの旅北海道0日目(7/24)